妊娠線を予防する

妊娠線を予防することはできるのでしょうか。妊娠線の予防と聞くと、実は確実な方法はないのですが、まず最初に考えられることは、無駄に太らないと言うことが大切です。単純に考えても、おなかの赤ちゃんの成長により自然とおなかの皮膚などが引っ張られるます。そのこと自体はどうしようもないことだと思います。しかし、そこに食べ過ぎによって体重が増えてしまうとどうなるでしょうか。

 

体重が増えてしまったことにより、脂肪の厚みが加われば、必要以上に皮膚を引っ張ることになります。そして、妊娠線をわざわざ作り出してしまうのです。あとは、ホルモンバランスが崩れてしまい、皮膚の再生能力も落ちていることを考慮しておきましょう。そして、クリームなどからお肌のケアを行うことも妊娠線の予防といえるでしょう。

 

伸びてしまうお肌を少しでも柔らかくしておいて、引っ張る力に耐えることができるようにするためにも、マッサージをしてみましょう。また、軽い運動などをおこない新陳代謝を落とさないようにしましょう。そのように考えていけば妊娠線の予防をおこなうことは、妊婦さんの体調管理とかなり密接に関係していることだと言えると思います。