妊娠線ってどんなもの?

妊娠するとおなかが少しずつですが大きくなっていきますよね。これは誰しもしっている常識だと思います。おなかにいる赤ちゃんの成長とともに、プレママのおなかの皮膚は、はちきれないように伸びていくのですが、皮膚の層によってこの「伸び方」に実は違いがあるのです。皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の三層に分かれています。

 

一番外側にある表皮はよく伸びるのですが、真皮と皮下組織の一部は表皮ほど弾力性がないため、表皮の伸び方についていけなくなってしまうそうです。そのため皮下組織の中の弾性素とコラーゲン線維に亀裂が起こってしまいます。その結果として、その下にある毛細血管などが赤紫色の線状に透けて見える状態のことを「妊娠線」と呼んでいます。

 

一度できてしまった妊娠線は薄くなることはあっても実は一生消えることはないそうです。これは、妊娠線を作る前になんとかしなければいけないなと思いますよね。妊娠線はできる人とできない人がいると思いますが、自分がどのようなタイプなのかはできてみなければわからないということが悩みのタネだと思います。しかし妊娠線ができるメカニズムからみてみると、できやすい人の傾向と、できやすい時期もわかります。

 

妊娠線ができやすいのは皮下脂肪の厚い人や小柄でおなかが前に突き出やすい人、 多胎児を妊娠中の人、経産婦の人などです。そして、妊娠線ができやすいのは「急激な体重増加」がある時期だということもわかっています。妊娠3〜4カ月頃になると、一般的につわりが治まってきます。そうすると次第に食欲が出てきて急激に体重が増え始めることがあります。これは要注意です。また、妊娠8カ月から臨月ごろも注意です。特に臨月には赤ちゃんがぐんと成長しますので体重が増えてしまいます。それまで妊娠線ができなかった人にも急にあらわれることがあるそうです。