妊娠線予防への意識について

いまの世間で妊娠線にたいする見方はどういったものなのでしょうか。妊娠線は芸能人や肌が露出するスポーツなどをしているスポーツ選手は気にしてしまっても仕方ありませんよね。しかし、いまは普通のお母さんでも悩みの種になっていることがあります。妊娠線予防クリームなどもよく店頭でみかけますし、赤ちゃんや妊娠関係の雑誌などには必ずといっていいほど妊娠線のことについて書かれています。

 

出来てしまった妊娠線を消すことよりも、妊娠線を出さないようにケアをしていったほうが賢明だといえるでしょう。妊娠線とは、妊娠してだんだんとお腹のあかちゃんが成長していきます。それに伴ってお母さんのお腹が大きくなると、当然ですが、お腹の表皮はどんどん伸びていきます。しかし真皮・皮下組織には弾力性に欠けているため亀裂が生じてしまいできてしまうものが妊娠線です。

 

妊娠線自体が病気というわけではありません。逆に太りすぎたりしても同じように皮膚の状態になってしまいます。これは、通常の場合でも起こることなのですが、特に妊婦さんは、数ヶ月で大きく皮膚がふくれてしまい出産と同時に膨らみが戻ってしまうため目立ちやすくなってしまいます。最近の女性の美に対する意識の中では、嫌われてしまう現象となっています。