妊娠線予防の基礎知識

妊娠線を予防するためには先輩のママたちの意見を参考にするとよいでしょう。妊娠線の予防については、どんなママも関心が高いようです。そのなかで一番多かったアドバイスは、体重の急激な増加や、太りすぎに気をつけたほうがよいということです。妊娠線のできる場所は、おなかばかりではありません。うち腿やお尻などにもできるかたもいます。また胸にできたというかたもいるそうです。

 

妊娠線ができる時期ですが、なるべく油断しないことが大切です。初めのころは妊娠線ができなくても妊娠の後期あたりにできてしまうというママもいます。また、産むまでずっとできていなかったのに、出産をした直後のおなかの皮が縮むときに妊娠線ができてしまったという悔しい思いをしているかたも中にはいます。妊娠線予防、ケアの仕方としてはどうしたらよいのでしょうか。

 

それは、もしもおなかがかゆいと思ったら気をつけたほうがよいみたいです。おなかが痒くなってもかかないようにして、こまめに保湿してあげたほうがよいみたいです。そしてよく歩くことも大切です。歩いているとおなかが痒くなってくることもあるので、出かける前にクリームを塗ると効果があるそうです。そして毎日優しく妊娠線予防クリームを塗ってあげることもおすすめです。