PRPによるケア

PRPによるケア

PRP皮膚再生医療によって妊娠線を目立たなくする方法があります。PRP(自己多血小板血漿)は、自分の血液から作られた血小板を高濃度に含む結晶のことをいいます。それでは、なぜPRPを用いると、皮膚が再生されるのでしょうか?

 

血小板は血液の中に含まれて、傷ができると出血を止めて血栓を作り傷口を閉鎖する働きをします。そして傷口に集まった血小板から細胞を増殖したり成長を促したり、コラーゲンの生産、血管の修復など、さまざまな働きをする成長因子が放出されて、傷は元の健康な皮膚に戻っていきます。

 

このような血小板の持つ自然な働きを応用して皮膚の再生や若返りを促すのがPRP皮膚再生医療です。方法は至って簡単です。自分の血液を採取して、専用の機器を用いて多血小板血漿を作り、皮膚の改善を促したい部分に注入するだけです。採取する血液も、とても少なく、健康診断の時の血液検査で採取する量と変わりません。PRPの働きで皮膚の表面の凹凸が改善されますから、妊娠線はぐっと目立たなくなります。

 

自分の血液を使用するので安全性は非常に高くアレルギーの心配もありません。治療回数も1度で済みます。効果は1〜2ヶ月かけて現れますが、皮膚の再生によるものなのであくまで自然な変化です。治療効果が持続する期間が長いのも特徴です。

 

主に、美容皮膚科や美容外科で行われています。とても効果の高い治療法ですが、同時に治療費も高額です。やはり、妊娠線はできる前のケアが大切です。