妊娠線の治療方法

一般的なレーザー治療は、妊娠線の裂け目に沿ってレーザーを当てて、コラーゲンの再生を促して皮膚を活性化させます。これによって妊娠線はかなり薄くなって目立たなくなります。ところで、妊娠線の治療には「コラーゲン」というものが大きくかかわってきます。コラーゲンとは何でしょうか?

 

コラーゲンとはたんぱく質の一種で、体の筋肉や皮膚、内臓、骨など、あらゆる部分の組織に含まれています。その働きは主に、細胞と細胞を繋ぎとめることにあります。体内には10万種にも及ぶたんぱく質が存在すると言われていますが、コラーゲンの種類はその3割を占めていて人体にはとても重要なものです。

 

レーザー治療には、近年、さまざまな種類のものがあります。

 

サーマクールによる治療は、高周波とレーザーを組み合わせて妊娠線に当てることで、コラーゲンに働きかけ生成を促します。同時に皮膚を引き締めて肌をつるつるにします。この結果、妊娠線はずっと薄くなります。

 

フラクセルによる治療では、微小なスポット状のレーザーを照射することで古い皮膚を新しい皮膚に入れ替えることができます。画期的な肌の再生法といわれています。肌が再生することで、妊娠線をはじめしみやしわに効果があります。

 

炭酸ガスレーザーとVビームの組み合わせによる治療も注目されています。弱く絞った炭酸ガスレーザーを妊娠線の裂け目に当て、次に同じようにVビームを当てます。痛みがなく、短時間の治療で妊娠線が薄くなります。

 

レーザー治療は、主に美容外科、美容皮膚科で実施されています。できてしまったら消えない妊娠線ではありますが、さまざまな治療方法も確立されてきていますから、「絶対に消えない」と思い悩む必要はなさそうです。

PRP皮膚再生医療によって妊娠線を目立たなくする方法があります。PRP(自己多血小板血漿)は、自分の血液から作られた血小板を高濃度に含む結晶のことをいいます。それでは、なぜPRPを用いると、皮膚が再生されるのでしょうか?

 

血小板は血液の中に含まれて、傷ができると出血を止めて血栓を作り傷口を閉鎖する働きをします。そして傷口に集まった血小板から細胞を増殖したり成長を促したり、コラーゲンの生産、血管の修復など、さまざまな働きをする成長因子が放出されて、傷は元の健康な皮膚に戻っていきます。

 

このような血小板の持つ自然な働きを応用して皮膚の再生や若返りを促すのがPRP皮膚再生医療です。方法は至って簡単です。自分の血液を採取して、専用の機器を用いて多血小板血漿を作り、皮膚の改善を促したい部分に注入するだけです。採取する血液も、とても少なく、健康診断の時の血液検査で採取する量と変わりません。PRPの働きで皮膚の表面の凹凸が改善されますから、妊娠線はぐっと目立たなくなります。

 

自分の血液を使用するので安全性は非常に高くアレルギーの心配もありません。治療回数も1度で済みます。効果は1〜2ヶ月かけて現れますが、皮膚の再生によるものなのであくまで自然な変化です。治療効果が持続する期間が長いのも特徴です。

 

主に、美容皮膚科や美容外科で行われています。とても効果の高い治療法ですが、同時に治療費も高額です。やはり、妊娠線はできる前のケアが大切です。

エステティックサロンで妊娠線を目立たなくさせる施術を受けることもできます。妊娠線や肉割れ、セルライトの解消やダイエットに効果があるエンダモロジーが注目されていますが、この施術は美容外科のみならず、エステティックサロンでも受けることができます。

 

エンダモロジーとは専用の機械を使って皮膚や皮下組織に直接働きかけて、体内の代謝を推し進める方法です。皮膚をもんだり、ほぐしたり吸引したりすることによって、密着した皮下組織をほぐして、皮下組織にたまった血液やリンパ液に働きかけ循環を促し新陳代謝を促進します。その結果、老廃物やむくみが取り除かれ、皮下脂肪や真皮の体積が少なくなって肌の表面の凹凸が改善されます。

 

また、繊維芽細胞は、引っ張られると、静止した状態でいるときよりも多くのコラーゲンを分泌します。コラーゲンの生産が高まれば、肌は若返りますから張りが出て妊娠線は目立たなくなります。エンダモロジーは専用の機械を用いますが、その機械によって、人手では均一に施すことが難しい施術を、満遍なく理想的な力で行うことができます。また、人手に勝るとも劣らない気持ちよさで、リラックス効果も抜群です。

 

エステティックサロンは、主にダイエットや美肌というイメージがあると思いますが、ダイエットや美肌と、妊娠線の解消は大きくつながりがあります。皮下脂肪を減らすことは肌の表面の凹凸の解消につながり、美肌への施術も妊娠線を目立たなくすることにつながります。

 

何よりも、施術を受ける本人の気持ちよさが、まず優先される環境にありますから、出産後の疲れた体を癒すにはもってこいといえるでしょう。とはいえ、料金が高額でなかなか手が届かない、という人の方が多いのが現実です。インターネットなどで料金体系なども調べてみてもいいし、エステは子育てがひと段落してからの自分へのご褒美と先の楽しみに取っておくのもいいでしょう。

妊娠線ジェル
発売元 トミーリッチ
100g メーカー希望小売価格5040円

 

●主成分
ニンジンエキス、センブリエキス、トウキエキス、チンピエキス、イチョウ葉エキスなどの漢方エキス、ホホバ油、ヒアルロン酸Na 他

 

●商品説明
妊娠線は妊娠により腹部が大きくなり皮膚が引っ張られたことにより真皮層に亀裂が入ることが原因で発生します。真皮層では細胞の密度が均一でなくなり、肌の表面に凹凸ができてしまいます。トミーリッチ「妊娠線ジェル」は、そんな肌の変質を改善するクリームです。ヒアルロン酸が繊維芽細胞を活発化して細胞の生成を促すことで、真皮層の細胞密度を均一に整えます。漢方薬成分が血管やリンパ管の活動を活発にして体内の循環を促し、老廃物を取り除いて肌にみずみずしさを呼び戻してくれます。これらの働きで、妊娠線が目立たない滑らかな肌を実現するのです。

 

●使用方法
手のひらに適量をとって、妊娠線や凹凸のある肌の周辺に塗ります。肌が乾いてかさかさしているところにもたっぷりと塗ってください。妊娠線はできてしまったら消えないものとあきらめず、毎日丁寧に塗り続けてください。肌がしっとりして美しくなり、妊娠線が薄くなる速さも跡の残り方にも、お手入れをしなかったときと比べるとはっきりと差が出てきます。出産後3年以内の使用がお勧めで、5年以上経過していると効果があまり期待できません。

 

●おすすめポイント
・無香料・無着色料・無鉱物油。
・他の妊娠線の治療方法に比べればとても安価で、利用しやすい。
・妊娠線の治療と一緒に周辺のお肌もすべすべになり、美肌効果が大きい。