妊娠線は乾燥が大敵

妊娠線ができてしまうのを防ぐ上で、肌の乾燥は大敵です。生まれたばかりの赤ちゃんのみずみずしい肌は、ずっと続くわけではありません。ティーンエイジの張りのある肌も、赤ちゃんや小さな子の柔らかい肌とは違います。

 

人は年を重ねるにしたがって、肌の保湿力を失っていきます。肌の皮脂の分泌も、思春期を過ぎると次第に収まってきます。一般的には妊娠を迎える頃には、若いといっても肌の持つ力は減ってきている時期にあたります。そこに、妊娠によるホルモンバランスの変化や、つわりなどで栄養が取れなかったりすると、てきめんに肌はかさかさになってしまいます。

 

乾燥すると肌の柔軟性が失われて皮下組織が裂けやすくなるだけではなく、かゆみが発生して掻いてしまうことで妊娠線を作ってしまうことも多々あります。

 

体の内側からの力だけでは肌のみずみずしさが保てないとき、外側から肌の水分を補充することが大切です。その際、大切なことは自分の肌に合ったものを選ぶことです。いくら高価なクリームを使っても、自分の肌質に合っていなければクリームが上滑りするだけです。自分に合っているかいないかは、肌がしっとりとすることで自然にわかることです。肌質に合ったクリームで保湿すれば、かなりの確率で妊娠線は防ぐことができるといわれています。

 

妊娠線予防クリームにはさまざまな種類があります。すべてを試して自分に合ったものを選ぶことは、経済的にも時間的にも無理なことです。まず、一番に抑えておきたいことは、成分表示、有効成分をきちんとチェックすることです。もともとアレルギーがある人は、できるだけ低刺激のアレルギーテストが済んでいるものを選んだほうがいいでしょう。かおりも大切なチェックポイントです。買ってみたものの、匂いがきつくてつけられない、ということも珍しくありません。妊娠線だけではなく、さまざまな症状が出てしまったら治しにくい時期であることを自覚して選ぶことが大切です。

 

また、、妊娠線予防クリームは病院でも処方してもらうことができます。検診の際に相談してみてください。