妊娠後期は頻回なケアを

出産を間近に控えた妊娠後期になってくると、もう十分お腹も大きくなったし、妊娠線も大丈夫だろうと安心してしまいがちです。しかし妊娠後期こそ、もっとも妊娠線が出やすい時期です。

 

出産を迎えるまで赤ちゃんはどんどん大きくなりますから、お腹もじりじりと大きくなっているのです。おまけに、お腹の中でぐんぐん元気になる赤ちゃんは、内側から足でノックして「おかあさん」とメッセージを送っています。その力たるや、きっと男の人にはわからないでしょう、とても力強くなってきます。

 

妊娠後期には、お母さんのお腹の肌はがんばってがんばって、文字通り張り詰めています。それでも、内側からじりじりと押されているのです。いくらやさしくマッサージをしても、刺激は与えられます。

 

がんばっているお肌を応援するために、妊娠後期になったら頻回に保湿クリームを塗ってあげましょう。妊娠の早い時期から保湿クリームを塗っていれば、肌のコンディションが整っていますから、乾いたかな、と思ったときにすぐにクリームを塗ってあげると肌の持つ張りの力は補強されます。朝とお風呂上り、と決めずに、いつも身近に保湿クリームを置いて、乾きやすいところに何度でも塗ってあげてください。

 

また、乾燥がより進んでいるようでしたら、思い切って保湿力の強力なクリームに変えるのもいいかもしれません。保湿力の強い高品質なものは、やはりお値段もとても高いのですが、サンプルなどで試してみてよかったら、あと少しの期間だけでも、使ってみるといいでしょう。いくら高価といっても、妊娠線を薄くするための治療費に比べたら、ずっと安くつきます。

 

せっかくここまでがんばってきたのに、妊娠後期に2、3日気を抜いたおかげで急激に妊娠線ができてしまった、という経験を持つ人はたくさんいるのす。できるときは一気にできてしまうのが妊娠線です。保湿クリームは自分へのプレゼントですから、がんばりましょうね。