妊娠線ケアの仕方

妊娠線予防ケアの方法は、主に、クリームや乳液、あるいはオイルを塗って保湿力を保つことです。保湿が目的ですから、妊娠線予防クリームでないといけないということはありません。なぜ妊娠線予防クリームが良いかというと、においに敏感になっていたり、肌も刺激に敏感になっていることに配慮して、普段使いの物よりも高品質であったり低刺激に考えて作られているからです。自分に合っていて、肌がしっとりと潤うのであれば、妊娠線予防クリームにこだわることはありません。

 

あくまでやさしく、円を描くように塗ってください。マッサージによって子宮の収縮を促してしまうことがありますから、お腹が張るようなら一時的に中断します。お腹の張りに関しては、張りやすい人とそうではない人とがいます。妊娠線予防クリームには、クリームタイプのものと乳液タイプのものがあります。どれも、指のすべりは滑らかになるように作られていますが、肌に浸透しやすく塗布するだけで十分な妊娠線予防効果を期待できるものもありますから、よりお腹に刺激を与えないものを選ぶことが大切です。

 

お腹の下側は自分では見えません。見えない上にもっとも妊娠線ができやすいところです。下腹部や足の付け根は、鏡でチェックしながら塗り残しがないように気をつけましょう。忘れずに毎日継続的に行ってください。特に肌が柔らかく、水分が吸収されやすいお風呂上りは効果的です。お風呂上りはほうっておくと急激に水分が失われるときでもありますから、念入りにお手入れをしましょう。

 

また、夜のうちに水分を失っている朝にもお手入れをお勧めします。妊娠後期になるほど、妊娠線ができてしまう危険性は大きくなってきますから、乾燥が気になったらこまめなお手入れを忘れないでください。