妊娠線予防の注意点

妊娠線予防ケアの方法は、主に、クリームや乳液、あるいはオイルを塗って保湿力を保つことです。保湿が目的ですから、妊娠線予防クリームでないといけないということはありません。なぜ妊娠線予防クリームが良いかというと、においに敏感になっていたり、肌も刺激に敏感になっていることに配慮して、普段使いの物よりも高品質であったり低刺激に考えて作られているからです。自分に合っていて、肌がしっとりと潤うのであれば、妊娠線予防クリームにこだわることはありません。

 

あくまでやさしく、円を描くように塗ってください。マッサージによって子宮の収縮を促してしまうことがありますから、お腹が張るようなら一時的に中断します。お腹の張りに関しては、張りやすい人とそうではない人とがいます。妊娠線予防クリームには、クリームタイプのものと乳液タイプのものがあります。どれも、指のすべりは滑らかになるように作られていますが、肌に浸透しやすく塗布するだけで十分な妊娠線予防効果を期待できるものもありますから、よりお腹に刺激を与えないものを選ぶことが大切です。

 

お腹の下側は自分では見えません。見えない上にもっとも妊娠線ができやすいところです。下腹部や足の付け根は、鏡でチェックしながら塗り残しがないように気をつけましょう。忘れずに毎日継続的に行ってください。特に肌が柔らかく、水分が吸収されやすいお風呂上りは効果的です。お風呂上りはほうっておくと急激に水分が失われるときでもありますから、念入りにお手入れをしましょう。

 

また、夜のうちに水分を失っている朝にもお手入れをお勧めします。妊娠後期になるほど、妊娠線ができてしまう危険性は大きくなってきますから、乾燥が気になったらこまめなお手入れを忘れないでください。

出産を間近に控えた妊娠後期になってくると、もう十分お腹も大きくなったし、妊娠線も大丈夫だろうと安心してしまいがちです。しかし妊娠後期こそ、もっとも妊娠線が出やすい時期です。

 

出産を迎えるまで赤ちゃんはどんどん大きくなりますから、お腹もじりじりと大きくなっているのです。おまけに、お腹の中でぐんぐん元気になる赤ちゃんは、内側から足でノックして「おかあさん」とメッセージを送っています。その力たるや、きっと男の人にはわからないでしょう、とても力強くなってきます。

 

妊娠後期には、お母さんのお腹の肌はがんばってがんばって、文字通り張り詰めています。それでも、内側からじりじりと押されているのです。いくらやさしくマッサージをしても、刺激は与えられます。

 

がんばっているお肌を応援するために、妊娠後期になったら頻回に保湿クリームを塗ってあげましょう。妊娠の早い時期から保湿クリームを塗っていれば、肌のコンディションが整っていますから、乾いたかな、と思ったときにすぐにクリームを塗ってあげると肌の持つ張りの力は補強されます。朝とお風呂上り、と決めずに、いつも身近に保湿クリームを置いて、乾きやすいところに何度でも塗ってあげてください。

 

また、乾燥がより進んでいるようでしたら、思い切って保湿力の強力なクリームに変えるのもいいかもしれません。保湿力の強い高品質なものは、やはりお値段もとても高いのですが、サンプルなどで試してみてよかったら、あと少しの期間だけでも、使ってみるといいでしょう。いくら高価といっても、妊娠線を薄くするための治療費に比べたら、ずっと安くつきます。

 

せっかくここまでがんばってきたのに、妊娠後期に2、3日気を抜いたおかげで急激に妊娠線ができてしまった、という経験を持つ人はたくさんいるのす。できるときは一気にできてしまうのが妊娠線です。保湿クリームは自分へのプレゼントですから、がんばりましょうね。

出産直後に妊娠線ができたしまった、という人も少数ながらいます。急激にお腹が縮むときにできてしまった人や、出産後に胸が大きくなって妊娠線ができてしまった人もいます。ずっとがんばってきたのに、とってもがっかりですよね。

 

出産を迎えるまで、張りに張り詰めていたお肌は、本当に刺激に弱くなっているのでしょう。赤ちゃんが子宮から出て行ってしまったときの変化は、もはや刺激とは言えるような小規模なものではありません。出産直後といえば、ぱんぱんに張っていた皮膚が緩み、急激に縮んでいきますから、お肌の一部に力がかかってしまうこともあるでしょう。

 

また胸の妊娠線に関しては、出産が済めば妊娠線はもう安心と思ってしまうものだし、実際に赤ちゃんが口に含む乳房にクリームは塗りにくいものです。母乳マッサージに赤ちゃんが口にしても安心な馬油などを使うことは、妊娠線を防ぐ上でも大切なことです。

 

出産にかかる変化は人為的に止めることはできませんし、出産直後のお母さんは妊娠線対策どころではありません。やはり、事前のお手入れによって、肌の柔軟性を高めていくしかありません。皮膚がみずみずしい柔軟性を持っていれば、膨張や収縮のショックに耐えられるでしょう。

 

そのためにも、妊娠初期からの肌のお手入れと、バランスのいい食事を心がけ体重の増加をコントロールすることが大切です。お腹や胸の大きさが、肌の力で十分支えきれるという状態が、理想ですから。

妊娠線予防の肌のお手入れですが、マッサージのしすぎには注意してください。マッサージは皮膚を柔らかくして血行をよくするので、妊娠線の予防には大変有効であるようにみえます。しかし、乳房のマッサージやお腹のマッサージは、子宮の収縮を促すことがあります。肌のお手入れの最中にお腹が張ってきったら、速やかに中止しなければいけません。

 

お手入れの方法としては、クリームや乳液、オイルなどを、やさしくなでるように肌に塗ることです。妊娠線予防のクリーム類はどれも、塗る際に指のすべりが良くなるようにつくられています。べたつきは不快感につながりますから、どれも伸びがよく薄くつけることができますし、比較的、手のひらから受ける刺激は少ないはずではありますが、それでもお腹の中の子宮には、刺激が大きい場合があるのです。

 

クリームや乳液を塗る祭に頻繁にお腹が張ってくるようなら、まず、かかりつけの医師に相談してみてください。何事も自己判断は危険です。より使用しやすい保湿クリームが病院から処方されることもありますし、刺激の少ない製品のアドバイスをもらえるかもしれません。

 

あらかじめ、できるだけ危険をさけたい人は、浸透性がよく、肌につけるだけで成分が自然に肌の中にしみこんでくれる製品を使用してください。サンプルを活用すれば自分に合っているものか確認してから購入できます。マッサージはお腹が張りやすく早産につながる恐れがあるということを、きちんと認識して妊娠線予防のお手入れを行ってください。

妊娠線ができてしまうのを防ぐ上で、肌の乾燥は大敵です。生まれたばかりの赤ちゃんのみずみずしい肌は、ずっと続くわけではありません。ティーンエイジの張りのある肌も、赤ちゃんや小さな子の柔らかい肌とは違います。

 

人は年を重ねるにしたがって、肌の保湿力を失っていきます。肌の皮脂の分泌も、思春期を過ぎると次第に収まってきます。一般的には妊娠を迎える頃には、若いといっても肌の持つ力は減ってきている時期にあたります。そこに、妊娠によるホルモンバランスの変化や、つわりなどで栄養が取れなかったりすると、てきめんに肌はかさかさになってしまいます。

 

乾燥すると肌の柔軟性が失われて皮下組織が裂けやすくなるだけではなく、かゆみが発生して掻いてしまうことで妊娠線を作ってしまうことも多々あります。

 

体の内側からの力だけでは肌のみずみずしさが保てないとき、外側から肌の水分を補充することが大切です。その際、大切なことは自分の肌に合ったものを選ぶことです。いくら高価なクリームを使っても、自分の肌質に合っていなければクリームが上滑りするだけです。自分に合っているかいないかは、肌がしっとりとすることで自然にわかることです。肌質に合ったクリームで保湿すれば、かなりの確率で妊娠線は防ぐことができるといわれています。

 

妊娠線予防クリームにはさまざまな種類があります。すべてを試して自分に合ったものを選ぶことは、経済的にも時間的にも無理なことです。まず、一番に抑えておきたいことは、成分表示、有効成分をきちんとチェックすることです。もともとアレルギーがある人は、できるだけ低刺激のアレルギーテストが済んでいるものを選んだほうがいいでしょう。かおりも大切なチェックポイントです。買ってみたものの、匂いがきつくてつけられない、ということも珍しくありません。妊娠線だけではなく、さまざまな症状が出てしまったら治しにくい時期であることを自覚して選ぶことが大切です。

 

また、、妊娠線予防クリームは病院でも処方してもらうことができます。検診の際に相談してみてください。

妊娠線ができてしまったら、あきらめずにお手入れを続けましょう。通常、傷の手当ては早いほうが治りも早いものです。妊娠線に関しても同じことがいえます。完全に治ってしまうことはないのですが、薄くなる程度も早さも違ってきます。お手入れといっても、妊娠中と同じように、クリームや乳液で保湿することだけです。肌にみずみずしさがあれば、元に戻ろうとする力も強いものです。

 

妊娠線の治療に用いるクリームや乳液は、妊娠線予防と違い保湿だけではなく、体内の血管やリンパ管に働きかけて新陳代謝を促すなどの効果が求められますから、専用の物を求めたほうが効率が良いでしょう。ただ、あまり種類は多くありません。インターネットの購入ではメーカー希望価格よりだいぶ安く手に入れられるようです。ほかにもいろいろな情報を得られますから是非調べてみてください。

 

また、美容皮膚科や美容外科で妊娠線の治療を受けることもできます。主なものにレーザーを使った治療があります。これによっても完全に治すことはできませんが、肌の表面が滑らかになりほとんど目立たなくなります。エステティックサロンで肉割れ解消の処置を受けて薄くすることもできます。ただし、これらはとても高価で、気軽に利用するというわけにはいきません。

 

妊娠線は消えてもとの肌には戻りませんが、時間とともに薄く目立たなくなってきます。今すぐに治すのはとても難しいことですが、「いつか薄くなる」くらいに考えて、気長にお手入れを続けてみてください。妊娠線はできてしまったかもしれませんが、出産を経て得たものはもっともっとたくさんあるはずです。何よりも、かわいい赤ちゃんがあなたの腕の中にいるのですから。