食事のバランスに気をつけよう

妊娠期の体重管理でもっとも大切なこと、それは、何を食べるか、という選択です。妊娠初期のつわりの時期は、吐き気や嘔吐で食べられるものがぐっと少なくなります。その時期は、開き直って食べられるものを食べていくしかありません。つわりが治まってきたら、いよいよ出産に備え赤ちゃんのために自分のために、どんな食事をしていくべきか考えていく時が来たのです。

 

妊娠期においては、肥満は大敵ですが、一方では新しい生命がお腹の中で成長しているのですから、栄養価の高い食事を取らなければなりません。高たんぱく、低脂肪、低カロリー、食物繊維が多い食事、なかなか難しいことですが、私達には和食という文化があります。和食を心がければ、魚、野菜、肉、豆、穀物、海草などが、自然にたくさん取れるようになります。一方では脂肪分、油分が少ないことで、摂取カロリーは大幅に抑えられます。

 

太りすぎてしまえば、皮下脂肪が厚くなります。脂肪組織は柔軟性がなくて引っ張られるとたやすく破れてしまいます。体重が増えれば体も大きくなって、ますます肌は引っ張られてしまいます。さらに、栄養のバランスが悪いと肌も弱くなってしまいます。

 

食事は生きていくエネルギーを摂取していく行為ですから、常に大切ではありますが、特に妊娠期においてはバランスの良い食事を心がける必要があります。妊娠線を防ぐという観点からみても、それは同じで、赤ちゃんのためにも出産後の自分のためにも、食欲をセーブして好き嫌いをなくす努力をしてください。長い目でみれば、人生に多いにプラスになる生活習慣だと思います。