体重を増やしすぎない

妊娠期間中の肥満はとても危険です。妊娠中毒や胎児の肥満につながりやすく、産道も脂肪がつくことで細くなり難産になる可能性が増します。同時に、大きくなっていくお腹に皮下脂肪がつくことで、肌も引っ張られる上に弱くなり妊娠線はできやすくなります。

 

妊娠期間を通じて、体重の増加は8〜12キロに抑えたいものです。「赤ちゃんの分まで」といって、妊婦にたくさん食べることを勧めるのは、むしろいけないことなのです。バランスがよく脂肪分や油分の少ない多品目の食事が理想です。病院での定期健診でも、必ず体重のチェックはあります。きちんとした自己管理さえすれば体重の増加は確実に防ぐことができることです。
また、適度な運動も体重増加を防ぐことに効果があります。運動はカロリーを消費するだけではなく、気分のリフレッシュや、腰痛や便秘、不眠の予防にもなります。家にこもってばかりいると、ついつい食べてしまうことが多くなります。ストレスがたまってくると、食べることは簡単に気持ちを慰めてくれますから、お菓子のようにすぐに食べられるものに手が伸びてしまいがちです。甘くて脂肪分が多いものや、塩分のきついものなどは妊娠期において、百害あって一利なしです。そんなときは、家の近所の公園でもちょっとした散歩に出てみると、気分も変わってすっきりします。思いもよらない出会いや、自然の移り変わりも、家にいては見つからないことです。

 

ただし運動は、妊娠初期のつわりの時期に無理をして行うものではありません。あくまで気持ちがいいということを目安にしてください。そして、つわりが治まって安定期に入ったら、積極的に生活の中に取り入れてください。マタニティービクスや水泳、ウォーキングなど、妊娠期にあった運動もたくさんあります。一方、激しい運動はご法度です。跳躍や回転を伴うもの、人とぶつかる競技など、まず体がついて行けなくなりますが、元気なお母さんも、赤ちゃんが生まれて体が回復するまでお預けです。