1度できた妊娠線は消すことができる?

一度できてしまった妊娠線は、残念ながら元に戻すことはできません。軽度なものならば、産後のケアをしっかりすればだいぶ目立たなくはなりますが、完全に消えることはありません。できたときは赤紫色ではっきりと見えてしまう妊娠線ですが、時間が経つにつれて黒ずんだ色から徐々に白っぽい色になって目立たなくなってきます。それでもぼこぼことした凹凸と、薄くなった肌のテカリは残ります。

 

妊娠線ができた位置によっては、ミニスカートや水着を着たときに見えてしまうことがあります。女性はやはり美しくありたいと常に願うものですから、妊娠線が残ってしまうことは避けることができればそれに越したことはありません。できてしまうにしても、最低限に抑えたいものです。

 

やはり妊娠線ができてしまう前からの予防が大切でしょう。肌が伸びて引っ張られすぎないようにするには、まずは急激に太らないように体重管理が必要です。また、引っ張られてもしなやかに伸びる柔軟性のある肌になれるよう、潤いを与えるお手入れを毎日欠かさず行いましょう。

 

ところで、「太らない」と「食べない」は、妊娠期において全く違います。必要以上には食べないように気をつけながら、きちんと栄養を取れる食事をしなければなりません。栄養が取れていなければ肌も弱くなってしまい、少しの引っ張る力でも妊娠線はできてしまいます。

 

とはいえ、妊娠線はできてしまっても、病気でもなく何か特別に困ったことが起こる訳でもありません。できてしまったときは、「ま、いいか」くらいの気持ちで受け止めてください。できたときのショックは大きいと思いますが、確実に薄くなるものですし、何より赤ちゃんが育ってきた証でもあるのですから。