妊娠線ができやすい人

妊娠線ができやすい人、といっても、妊娠しているときは、全員がそうなのです。そうはいっても、いくつかのできやすい条件を見つけることはできます。もし、自分がその条件に少しでも当てはまれば、より注意深くケアをして妊娠線の生成を防ぐことができるかもしれません。

 

まず、もともと太り気味で、皮下脂肪が厚い人にはできやすいようです。皮下脂肪は弾力性がないため、引っ張られてもなかなか伸びることができなくて裂けてしまうことが多く、妊娠線ができてしまいがちです。急激な体重の増加を防ぐ上でも、脂肪分が多い食べ物は慎んだほうがいいようです。

 

次に、双胎以上多胎の人。当然、子宮も大きくなりますからお腹も出てきます。経産婦も妊娠線ができやすいと言われています。一度出産を経験しているので、子宮が伸びやすく、急激にお腹が出てきやすいので、肌の伸びもついていけなくなるのでしょう。小柄でお腹が出やすい人。小柄だと骨盤も小さくて、赤ちゃんの居場所を前へ前へと確保していくしかありませんから、お腹も前へ前へと出てきます。

 

一方、お腹はあまり出ていないのに妊娠線ができてしまう人も珍しくありません。ひどいつわりがずっと続いて、出産するまであまり体重も増えていないという人でも、栄養状態が悪いと、ほんの少し肌が引っ張られただけでも妊娠線ができてしまうことがあります。また、乾燥肌の人も、肌の柔軟性が少ないので引っ張られてしまうと亀裂が入りやすくなっています。

 

上の条件に当てはまる人は早めのケアを心がけてください。