妊娠線はどこにできるの?

妊娠線ができやすいところは、肌が伸びているところ、特にお腹全体、乳房、太もも、臀部です。この部分は、特に脂肪がつきやすいところでもあります。赤ちゃんが育つにしたがってお母さんのお腹が出てきますが、前へ、というよりも、全体として膨らみは下のほうが大きくなります。人にも重力が働いていますので、当然のことと思いますが、足の付け根の少し上からポーンと前にお腹は突き出てきます。

 

当然、そこの肌は引っ張られて伸びています。とても妊娠線ができやすいところです。ところが、ここはお腹が大きくなると自分では見えにくくなってしまい、できていてもなかなか気がつかないことも珍しくありません。

 

同じく足の付け根から太ももも、臀部も、見えづらいところですが、大きくなるお腹を支えるために、お母さんの下半身もしっかりしなければなりません。大きくなる、すなわち肌が引っ張られて妊娠線はできやすくなります。鏡などでこまめにチェックしましょう。

 

次に、乳房です。赤ちゃんの成長とあわせて、お母さんの体は母乳を出す準備を始めていますから、胸はどんどん膨らんでいきます。乳房全体もずっしりしてきます。乳房を取り囲む肌も、この変化についていこうとしていますが、大きくなる速さに間に合わなくて妊娠線ができてしまうことも多いのです。

 

肌も妊娠時の体の変化に対応しようと、がんばっています。けれど、ホルモンバランスの変化などで乾燥しやすくなったり、敏感になって痒くなってしまったり、マイナスの変化も起こっているのです。女性にとって産後も消えない妊娠線は、できることなら作りたくないものです。けれど、できる前からのケアで、だいぶ妊娠線は防ぐことができます。お手入れをこまめにして、がんばっている自分の肌を応援してあげましょう。