妊娠線予防ガイドについて

 出来てしまったら完全には元に戻らないと言われている妊娠線。でも、妊娠はどうしても急激に体重が増えるので妊娠線が出来やすくなっています。じゃあ、妊娠線を予防するにはどうすればいいの?お勧めのオイルやクリームやマッサージは?など、気になる方が多いのではないでしょうか。ここでは妊娠線の予防方法や、人気の妊娠線予防クリームの紹介、妊娠線予防の注意点、妊娠線の治療方法などを紹介しています。出産しても、肌はキレイに保ちたいものですね。

口コミで人気のオーガニック妊娠線予防クリームのご紹介
妊娠後もキレイでいたいプレママのためのお腹ケア、エルバオーガニックスの人気アイテムがのご紹介です。
妊娠線予防ガイド 新着情報

妊娠線は何故できるのでしょうか?妊娠線とは、出産を経験した女性の肌に残る線状斑のことを言います。なぜ、妊娠線はできてしまうのでしょうか。妊娠するとお腹の中の赤ちゃんがどんどん育ってくるにしたがってお母さんのお腹はせり出してきます。そしてお腹だけではなく、乳房も母乳が出る準備を始めるため豊かに膨らんできます。そして、体を支える太ももや、おしりもふっくらと肉付きが良くなってきます。

太くなった体の皮膚は引っ張られて伸びていきます。簡単にイメージすれば風船が膨らんでいくような感じです。皮膚は、表面を表皮といいます。その下に真皮、皮下組織と三層に分かれています。表皮は伸びやすいという特徴がありますが、真皮や皮下組織は急激には伸びることができません。柔軟性のない皮下脂肪などの影響も受けますから、伸びやすいところとそうでないところがあります。

真皮や皮下組織が伸びることのできる限界を超えてしまい皮膚が引っ張られると亀裂ができてしまいます。その裂け目が、表皮を通して赤紫色の線状に見えてしまうのです。妊娠線がもっともできやすいのはお腹なのですが、皮膚が伸びているところではどこでもできてしまうのです。胸やおしり、太もも、むくみやすいふくらはぎにもできてしまう人もいます。妊娠線のでき方も人それぞれですが、2~3本だけですむ人もいますしお腹や胸全体にできてしまう人まで色々といます。

妊娠線予防や対策のためのクリームをいくつかご紹介します。まずはソフトマム マッサージクリームです。ソフトマム マッサージクリームは、おなかのためのマッサージクリームです。妊娠線などの、産前に起こりやすいお肌のトラブルにはマッサージが効果があります。1日に1~2回朝晩と優しくすりこむようにマッサージをしましょう。

次にシートニック ポースレンクリームです。シートニック ポースレンクリームは、妊娠線を予防するためのクリームで、毎日、気になる部分に円を描くようにマッサージをします。このクリームはお肌を柔らかくして美しく整えていきますのでできてしまった妊娠線やストレッチマークが気になる方にもおすすめです。円を描くようにマッサージをしましょう。

最後にESTHEDERM ビオ フェルムテ 200mlです。このESTHEDERM ビオ フェルムテ 200mlは、妊娠などから体重が急激に変化した際の使用するとよいでしょう。1日に1,2回、お腹・太腿・二の腕などの気になる部分に適量を手に取てマッサージするように浸透させます。また、乾燥したお肌に潤いを与えてくれるクリームです。 

妊娠線予防のクリームやおっぱい専用のクリームをいくつかご紹介します。まずは、おっぱい専用クリーム‘ブレストピュア マドンナ’です。ブレストピュア マドンナは、かさつきやすい妊娠中の乳頭に対してモモエキスやアップルエキスなどの保湿成分が効果的に働きかけてくれます。そして、かさつきをケアしてくれるクリームです。妊娠初期から授乳中まで使うことができますし、しっとりとした吸いつきやすい乳頭を保つことができます。マッサージも不要なので簡単に使えます。

次にマークイレイズクリームです。マークイレイズクリームは、頑固で深いシワや肉割れ、そして妊娠線を目立たなくしてくれるクリームです。産後のケアクリームとしてはとてもお勧めのクリームです。それからCHUCHU ソフトマム マッサージクリームもあります。このCHUCHU ソフトマム マッサージクリームは、出産前のお腹用マッサージクリームです。

お肌の柔軟性を高めるスクワランオイルが配合されていて高保湿成分であるプロテイン・コラーゲン配合なのでお肌のうるおいを保ってくれます。気になる香りやベタつきなどを抑えてくれますので、妊娠した時や匂いの敏感な方にも安心して使うことができあす。最後にマーフィーボディラブオイルは、出産を控えた女性のために作られたボディケア用のオイルです。お腹の赤ちゃんとコミュニケーションをとるようにしてやさしくマッサージをしてみましょう。